きょうの料理レシピ 2014/03/04(火)

【栗原はるみのお弁当12か月スペシャル】ホッとする洋おかずセレクションドライカレー

煮込まずにササッと炒め、刻んだハーブを合わせて完成。汁けが少なく、スパイシーで傷みにくいのでお弁当にもぴったり。

ドライカレー

撮影: 竹内 章雄

材料

(つくりやすい分量。約4人分できる。)

・合いびき肉 400g
・たまねぎ 1コ
・ピーマン 2コ
・カレールー (市販) 60g
・カレー粉 大さじ1
・コリアンダー (シード) 大さじ1
【A】
・バジル (生) 3枝
・イタリアンパセリ (生) 3枝
・ローズマリー (生) 3本
【B】
・トマトケチャップ 大さじ1
・ウスターソース 小さじ1
・塩 少々
・こしょう 少々
・サラダ油

下ごしらえ・準備

なし

つくり方

1

たまねぎは粗みじん切りにする。ピーマンはヘタと種を除いて粗みじん切りにする。

2

カレールーは粗く刻んでおく。コリアンダーはすり鉢などですりつぶす。【A】のハーブは堅い軸を除き、みじん切りにする。

3

フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、ひき肉をざっとほぐしながら炒める。

! ポイント

ひき肉はパラパラにせず、粗めにほぐしたほうが食べごたえが出ます。

4

肉の色が変わったら、たまねぎを加えて炒める。

! ポイント

たまねぎは炒めすぎない!フレッシュな味と歯ざわりを残しましょう。

5

カレールー、カレー粉、コリアンダーを順に加えて混ぜ合わせる。ルーが溶けたら、【B】の調味料を加えて味を調える。

! ポイント

調味料は好みで加減を。ケチャップで味を落ち着かせ、ウスターソースでキリッとしめます。

6

ピーマンを加えて炒め合わせ、【A】のハーブを加え、ざっと混ぜて火を止める。

全体備考

※このレシピは、2013/07/04に放送したものです。

このレシピをつくった人

栗原 はるみさん

料理やお菓子のアイデアいっぱいのレシピを提案し、幅広い年齢層のファンに熱い支持を得ている料理家。器選びやすてきな暮らし方など、生活全般にわたるセンスあふれる提案も人気で、テレビ、雑誌などで活躍中。著書も多数。2005年、料理本のアカデミー賞といわれる「グルマン世界料理本大賞」受賞の「Harumi’s Japanese Cooking」は世界十数か国で発売。2007年4月よりNHKワールド「Your Japanese Kitchen」で日本の家庭料理を世界に向けて発信。
2013年4月より、料理番組『きょうの料理』(NHK Eテレ)にレギュラー出演中。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

このレシピが登録されているカテゴリ

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 栗原はるみ 土井善晴 大原千鶴

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。
PR

旬のキーワードランキング

他にお探しのレシピはありませんか?

こちらもおすすめ!

NHK「きょうの料理」
放送&テキストのご紹介