きょうの料理レシピ 2014/04/02(水)

【おいしく節約!もやしマスター】もやしと豆腐の韓国風お好み焼きたっぷりもやしの白ビビンバ

具は体によい白い素材だけ。本来のビビンバより手間がかからず、手軽につくれます。

たっぷりもやしの白ビビンバ

撮影: 鈴木 雅也

エネルギー /660 kcal

*1人分

調理時間 /20分 ( 6工程 )

*米と押し麦をざるに上げておく時間、炊く時間、ささ身を冷ます時間は除く。

材料

(2人分)

【麦ご飯】*または米だけのご飯でもよい。
・米 180ml(1合)
・押し麦 90ml(1/2合)
・豆もやし 1袋(200g)
・鶏ささ身 2本
【A】
・酒 大さじ1
・塩 小さじ1/3
・新たまねぎ (縦に薄切り) 1コ分
【B】
・塩 少々
・酢 大さじ1
・ごま油 小さじ1
【コチュジャンだれ】
・コチュジャン 大さじ1
・酢 大さじ1
・砂糖 大さじ1
・みそ 大さじ1/2
・ごま油 小さじ1
・しょうが (すりおろす) 1かけ分
・塩 一つまみ
・ごま油 小さじ2

下ごしらえ・準備

なし

つくり方

1

米と押し麦を合わせて洗い、ざるに上げて30分間ほどおく。炊飯器の内釜に入れ、1.5合の目盛りまで水を加え、普通に炊く。

2

豆もやしは好みでひげ根を取り、小さめの鍋に入れる。「豆もやしのゆで方」を参照して、ゆでる。

3

もやしをざるに上げて水けをきり、塩一つまみをふる。ざるを揺すって全体にからめ、粗熱が取れたら水けを絞る。ボウルに入れ、ごま油小さじ1をからめてナムルにする。

! ポイント

塩の脱水作用で余分な水分が出て、パリッと仕上がる。

4

ささ身は鍋に入れてかぶるくらいの水を注ぎ、【A】を加えて強火にかける。沸騰したら火を止め、そのまま冷ます。ささ身を取り出して食べやすい大きさに裂き、ごま油小さじ1をからめる。

! ポイント

酒と塩入りの湯でゆでるのは、臭みを取って下味をつけるため。

5

新たまねぎをボウルに入れ、【B】を順にからめてナムルにする。

6

器に麦ご飯を盛り、たまねぎ、豆もやし、ささ身の順にのせる。【コチュジャンだれ】を混ぜてかける。

全体備考

【豆もやしのゆで方】
少なめの水で蒸し煮のようにゆでると、豆の風味とうまみが引き立ちます。もやしが半分くらいつかる深さに水を注ぎ、強火にかける。沸騰したらふたをし、弱めの中火で5~6分間ゆでる。

このレシピをつくった人

コウ ケンテツさん

大阪府出身、東京都在住。母親は「きょうの料理」でもおなじみの韓国料理研究家、李映林さん。韓国料理、和食、イタリアンと幅広いジャンルに精通する。雑誌やテレビなど多方面で活躍中。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

このレシピが登録されているカテゴリ

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 春キャベツ 豚肉 大原千鶴

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。
PR

旬のキーワードランキング

1
3
4
7
9
10

他にお探しのレシピはありませんか?

こちらもおすすめ!

NHK「きょうの料理」
放送&テキストのご紹介