きょうの料理レシピ 2014/06/23(月)

大原千鶴のシンプル京ごはん トマト牛丼

トマトと牛肉のアーリオ・オーリオは、白いご飯にも合っておいしいですよ。つぶせばパスタソースにもなって、いろいろな料理に使えます。

トマト牛丼

撮影: 浮田 輝雄

エネルギー /420 kcal

*1人分

調理時間 /15分 ( 4工程 )

材料

(2人分)

・トマト 2コ
・牛こま切れ肉 50g
・青じそ 2枚
・にんにく 1かけ
・ご飯 茶碗2杯分
*温かいもの。
・塩
・こしょう 少々
・オリーブ油 大さじ1

下ごしらえ・準備

なし

つくり方

1

トマトは湯むきしてヘタを取り、四つ割りにする。牛肉は塩・こしょう各少々をふる。青じそはせん切りにし、水にとって絞る。にんにくはたたいてつぶす。

! ポイント

トマトは6月になると、皮が堅くなってくる。気になる方は、そのころから湯むきをするとよい。

2

フライパンにオリーブ油とにんにくを入れて弱火にかける。にんにくが色づいたら取り出し、牛肉を加えて中火にする。

! ポイント

にんにくの香りを油に移したら、焦げないうちに取り出す。

3

肉の色が変わったら、トマトと塩小さじ1/4を加え、トマトの表面がトロリとするまで炒める。

! ポイント

トマトは炒めすぎると溶けるので、ほんのり温める程度でよい。

4

器にご飯を盛り、3をのせ、とりおいたにんにくと青じそをのせる。

全体備考

【うまみが豊富なトマトはだしいらず。油とも好相性!】
トマトは味が簡単に決まるので、夏場のわが家では大活躍の食材です。お味の中にすごくうまみがあるので、だしいらずですし、油をちょっと加えてお料理したときには、「なるほどよう合うなぁ」といつもおもてます。おしょうゆやおだしとも相性がよいので、和食にも使いやすいですよ。炒め物でも煮物でもあんまり難しく考えんと、ちょっとお味が足らんときに、トマトを使ってみはったら意外な発見があるかもしれません。トマトに含まれる栄養素は熱を加えても壊れにくいものが多いので、そんなところもよいですよね。

このレシピをつくった人

大原 千鶴さん

京都・花背の名料亭で生まれ育ち、幼いころより料理の心得を学ぶ。現在は3人の子どもを育てながら、雑誌等でつくりやすい家庭料理を提案している。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 豚ひき肉 大原千鶴 松本有美

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。
PR

旬のキーワードランキング

1
2
8
9
10

他にお探しのレシピはありませんか?

こちらもおすすめ!

NHK「きょうの料理」
放送&テキストのご紹介