きょうの料理レシピ 2015/04/30(木)

鶏むね肉の王道おかず親子丼

マヨネーズをまぶすことで、火を通しても堅くならず、ふっくら仕上がります。

親子丼

撮影: 野口 健志

エネルギー /590 kcal

*1人分

塩分 /3.50 g

*1人分

調理時間 /15分 ( 6工程 )

*鶏肉にマヨネーズをまぶす時間は除く。

材料

(2人分)

・鶏むね肉 1/2枚(約100g)
・マヨネーズ 大さじ1
・たまねぎ 1/2コ
・みつば 適量
【A】
・卵 3コ
・かたくり粉 小さじ1
・水 小さじ1
【B】
・だし カップ1/2
・うす口しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ3
・ご飯 (温かいもの) 300g
・しょうがの甘酢漬け (市販) 適宜

下ごしらえ・準備

なし

つくり方

1

鶏肉は皮を取って小さめのそぎ切りにし、皮も小さめに切る。

! ポイント

鶏肉は火が通りやすいよう、小さく切る。皮も加えると味にコクが出ておいしい。

2

1の皮を除いた鶏肉にマヨネーズをまぶし、15分間ほどおく。

! ポイント

マヨネーズの油分でしっとりさせる。

3

たまねぎは縦半分に切り、繊維を断ち切るように薄切りにする。みつばは2cm幅に切る。

4

ボウルに【A】のかたくり粉を水で溶き、卵を加えて溶きほぐす。

5

小さめのフライパンに【B】を入れ、1の鶏皮と3のたまねぎを入れる。中火で煮立たせてから3分間ほど煮て、2の鶏肉を加え、1~2分間煮る。

6

再度煮立ったら4を回し入れ、ひと混ぜしてみつばを散らし、ふたをして火を止める。ご飯を盛った丼にのせ、好みでしょうがの甘酢漬けをのせる。

全体備考

※このレシピは、2015/04/09に放送したものです。

このレシピをつくった人

ほりえ さわこさん

祖母・堀江泰子さん、母・堀江ひろ子さん譲りの家庭でつくりやすいレシピを若い感覚で紹介。イタリア、韓国での料理修業の経験を持つ。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

このレシピが登録されているカテゴリ

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 鶏むね肉 豚肉 有元葉子

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。
PR

旬のキーワードランキング

1
3
4
7
9
10

他にお探しのレシピはありませんか?

こちらもおすすめ!

NHK「きょうの料理」
放送&テキストのご紹介