きょうの料理レシピ 2006/04/10(月)

高山なおみ 四季の味あさりのフライパンパエリア

シンプルですが、あさりのうまみを吸ったご飯は、おこげをつくるとまた格別!

あさりのフライパンパエリア

撮影: 日置 武晴

エネルギー /380 kcal

*1人分

塩分 /2.00 g

*1人分

調理時間 /45分 ( 5工程 )

*あさりを砂抜きする時間は除く。

材料

(3~4人分)

・あさり (大粒のもの) 500g
・米 360ml(2合)
・にんにく 3かけ
・たまねぎ 1/2コ
・ローリエ (ちぎる) 2枚
・固形スープの素 1/2コ
・白ワイン カップ1/4
・香菜 適量
・パセリ 適量
・塩 適量
・オリーブ油 大さじ3
・塩
・黒こしょう (粒)

下ごしらえ・準備

なし

つくり方

1

あさりは塩水につけて砂抜きし、流水で殻をこすり洗いする。にんにくは包丁の腹でつぶす。たまねぎはみじん切りにする。

2

フライパンにオリーブ油大さじ3とにんにくを入れて中火にかける。きつね色になるまでいためたら強火にし、たまねぎを加えてしんなりするまでいためる。

3

米を洗わずに加えてざっといため、ローリエを加えて米が半透明になるまでいため合わせる。刻んだ固形スープの素と塩適量を加えて混ぜる。

4

白ワインを加えてざっと混ぜ、米の1割増し(約400ml)の水を加える。あさりをのせてふたをし、沸いてきたら弱火にする。

5

約30分間たって、米が完全に汁を吸ってふっくらとしたら、ふたをしたまま強火にする。パチパチと音がしてきたら20秒間ほどおいて火を止める。5分間ほど蒸らしてふたを取り、黒こしょうをひく。刻んだ香菜とパセリをふりかける。

全体備考

【クッキングメモ】
あさりによって、持っている水分の量が違うので、汁を吸った米にまだ芯が残っているようだったら、水を加えるなどして調節する。

このレシピをつくった人

高山 なおみさん

レストランのシェフを経て、料理家になる。素材の力を生かしたシンプルな料理が得意。日々の暮らしの中で、無理なく自然に料理をし、食べることを楽しんでいる。書籍、雑誌、テレビなどを活動の拠点とする。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

このレシピが登録されているカテゴリ

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 白菜 れんこん 豚肉

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。
PR

旬のキーワードランキング

1
3
6
7
8
9

他にお探しのレシピはありませんか?

こちらもおすすめ!

NHK「きょうの料理」
放送&テキストのご紹介