きょうの料理レシピ 2017/03/30(木)

ザ・ミーツの肉グルメパワフル香味焼き牛丼

牛切り落とし肉をふんわりまとめてパワフルにしました!たっぷりの香味野菜が、もう、たまりません。

パワフル香味焼き牛丼

撮影: 鈴木 泰介

エネルギー /1550 kcal

*1人分

塩分 /5.00 g

*1人分

調理時間 /25分 ( 4工程 )

材料

(2人分)

・牛切り落とし肉 600g
【A】
・にんにく (すりおろす) 大さじ1
・塩 少々
・こしょう たっぷり
【B】
・ご飯 (温かいもの) 400~500g
・細ねぎ (小口切り) 3/4ワ分
・白ごま 大さじ3
・ごま油 大さじ1
【C】
・にんにく (みじん切り) 2かけ分
・しょうが (みじん切り) 30g
【D】
・しょうゆ 大さじ2
・砂糖 大さじ1強
・みりん 大さじ1
・豆板醤(トーバンジャン) 小さじ1
・細ねぎ (小口切り) 1/4ワ分
【E】
・マヨネーズ 適宜
・にんにく (すりおろす) 適宜
・コチュジャン 適宜
・ザーサイ (味つき/市販) 適宜
・小麦粉 少々
・ごま油 大さじ1
・酒 大さじ2

下ごしらえ・準備

なし

つくり方

1

牛肉はトレイに入れたまま【A】を加えてもみ込む。2等分にし、それぞれを1~2cm厚さの小判形に整え、片面に小麦粉少々をふる。

! ポイント

【トレイの中で調味する】
トレイの中に入った肉にそのまま調味料を加える。コンパクトな容器なのでもみ込みやすく、何よりも、後片づけがとてもラク。

2

フライパンにごま油を入れて強火にかけ、1の小麦粉をふった側を下にして並べる。焼きながら形を整え、しっかり焼き色がついたら裏返す。火を弱め、同様に焼いて酒を入れ、ふたをする。弱火で4~5分間蒸し焼きにして中まで火を通し、火を止める。

! ポイント

【肉を焼く】
焼き色がつきやすいように小麦粉をふった側から焼く。形を整えながらしっかり焼き色をつけ、あとは水分を加えてふたをし、中まで火を通す。

3

ボウルに【B】を入れて混ぜ合わせ、器に盛る。2の肉をご飯にのせる。

4

2のフライパンに【C】を入れて強火にかけ、炒める。香りが出てきたら【D】を加え、照りが出るまで煮詰める。火を止めて3にかけ、細ねぎを散らし、好みで【E】を添える。

! ポイント

【たれをつくる】
肉を焼いたフライパンでたれをつくる。香味野菜と調味料に肉のうまみが加わり、コクのあるうまみたっぷりのたれになる。

このレシピをつくった人

Makoさん

「第15回きょうの料理大賞」で大賞を受賞。その後開いた料理教室Creative kitchenも大盛況。 お肉料理が得意で3男1女のママとして食べ盛りを満足させてきた料理は、ボリューミーでつくりやすくおいしいと評判。おおらかで明るい人柄が人気。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

このレシピが登録されているカテゴリ

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 豚ひき肉 栗原はるみ 有元葉子

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。

旬のキーワードランキング

1
2
8
9
10

他にお探しのレシピはありませんか?