きょうの料理レシピ 2018/05/02(水)

お手軽カレーバターチキンカレー

出かける前に肉をつけておけば、あとは焼いて煮るだけのバターチキンカレー。鶏肉の半量はタンドリーチキンとして、半量はカレーとしていただきます。

バターチキンカレー

撮影: 木村 拓(東京料理写真)

調理時間 /20分* ( 3工程 )

*鶏肉をつける時間は除く。

材料

(3~4人分)

・鶏もも肉 (から揚げ用) 600g
【マリネ液】
・プレーンヨーグルト (無糖) 50g
・にんにく (すりおろす) 1かけ分
・しょうが (すりおろす) 1かけ分
・カレー粉 大さじ2
・トマトケチャップ 大さじ1
・粉チーズ 大さじ1
・はちみつ 大さじ1
・レモン汁 1/2コ分
・塩 小さじ1
・グリーンアスパラガス (根元から1/3の皮をむき、4〜5等分に切る) 5本
・トマトピュレ 40ml
・生クリーム カップ1/2
・バゲット (薄切り) 適量
・バター 40g

下ごしらえ・準備

なし

つくり方

1

ボウルに【マリネ液】の材料を混ぜ合わせ、鶏肉を加えてもみ込む。肉の表面にぴったりと密着するようにラップをかけ、冷蔵庫で30分間、できれば2時間おく。

! ポイント

鶏肉にしっかりと【マリネ液】をもみ込む。ヨーグルトやはちみつが入っているので、辛みがやさしくなる。

2

フライパンにバターを熱し、1の鶏肉を【マリネ液】ごと加える。強めの中火で約10分間、鶏肉に完全に火が通るまで焼く。半量は器に取り出し、タンドリーチキンとして食べる。

! ポイント

表面に強い焼き色がつくくらいに、しっかりと焼くとうまみが凝縮される。汁けがとび、表面に脂が出てくるまで焼くこと。

3

2のフライパンにアスパラガスとトマトピュレ、生クリームを加える。弱火にしてふたをし、5分間ほど煮る。アスパラガスに火が通ったら器に盛り、2のタンドリーチキン、バゲットを添える。

! ポイント

表面がフツフツと煮立つ程度の火加減を保ちながら煮る。カレーがトロッとしてきたらでき上がり。

全体備考

◆カレー(バゲットは除く) ◎エネルギー:310kcal(1人分)
              ◎塩分:1.1g(1人分)

◆タンドリーチキン ◎エネルギー:220kcal(1人分)
          ◎塩分:1.1g(1人分)

このレシピをつくった人

水野 仁輔さん

カレーの出張料理人として18年間に渡り、ライブクッキング を実施。さらにカレーの奥深さにはまっている。最近は、スパイス頒布サービス「AIR SPICE」を展開している。
カレーに関する著書多数。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 豚ひき肉 大原千鶴 松本有美

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。
PR

旬のキーワードランキング

他にお探しのレシピはありませんか?

こちらもおすすめ!

NHK「きょうの料理」
放送&テキストのご紹介