きょうの料理レシピ 2018/11/20(火)

つくろう! にっぽんの味47かきのそばひっつみ

岩手を代表する郷土料理〝ひっつみ〟の豪華版。小麦粉に県産のそば粉を加えて、かきとまいたけを合わせました。ささがきごぼうを椀(わん)に入れ、アツアツの汁を注げば、ふわっと豊かな香りが広がる極上の一品です。

かきのそばひっつみ

撮影: 原 ヒデトシ

料理

田澤 章雄

エネルギー /250 kcal

*1人分

塩分 /1.60 g

*1人分

調理時間 /30分 ( 6工程 )

*生地を冷蔵庫で休ませる時間は除く。

材料

(2人分)

・そば粉 50g
・強力粉 50g
・かき (生食用) 4コ(100g)
・まいたけ (食べやすくほぐす) 60g
・しめじ (食べやすくほぐす) 40g
・生しいたけ (薄切り) 20g
・ごぼう (薄いささがき) 6g
・だし カップ1+1/2
【A】
・酒 大さじ2
・みりん 小さじ1
・みつば (熱湯にサッとくぐらせて結ぶ) 適量
・青柚子(ゆず)の皮 適量
・サラダ油 小さじ1/3
・しょうゆ 小さじ1/4
・かたくり粉 小さじ1
・塩 少々
・うす口しょうゆ 小さじ1/4

下ごしらえ・準備

なし

つくり方

1

ボウルにそば粉と強力粉を入れ、混ぜる。水40mlを加えてスプーンで混ぜ、手でこねる。ひとまとまりになったらサラダ油を加え、さらにこねる。ラップで包み、冷蔵庫で約1時間休ませる。

! ポイント

水の量は粉に対して40%目安で。生地が堅い場合は、水小さじ1ずつを加え、親指のつけ根で押すようにしてこねるとよい。水が多いと粘りがなくなるので注意。

2

1を直径2cmの棒状にのばし、2cm幅に切って両手ではさんで薄くつぶす。鍋に湯を沸かし、4~5分間ゆでる。ざるに上げ、流水で洗って水けをきる。

3

かきは流水で洗って水けを拭き、しょうゆをふりかけてなじませる。かたくり粉をまぶし、余分な粉をはたく。

4

鍋にだしと塩を入れて中火にかけ、煮立ったら【A】を加えて、まいたけ、しめじ、しいたけも加える。

5

再び煮立ったら3のかきを加え、アクを取りながら2~3分間煮る。2のひっつみを加えてひと煮立ちさせ、うす口しょうゆで香りをつける。

6

椀にごぼうを入れ、5の汁をきのこごと注ぐ。かきとひっつみを盛り、みつばと青柚子の皮をのせる。

全体備考

●ひっつみ●
岩手県の郷土料理。練った小麦粉を手でちぎって汁に入れた具だくさんの汁物。手でちぎることを方言で“ひっつむ”ということから、その名がついた。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 鶏むね肉 白菜 松本有美

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。
PR

旬のキーワードランキング

1
3
4
7
9
10

他にお探しのレシピはありませんか?

こちらもおすすめ!

NHK「きょうの料理」
放送&テキストのご紹介