きょうの料理レシピ 2018/11/21(水)

つくろう! にっぽんの味47たいとオリーブのばらずし

甘めのすし酢や甘く炊いた具材を使うことが多い郷土料理のばらずしを、甘さを控えてさっぱりといただきます。軽やかで食べやすい酢飯に、彩りよく並べた具材がアクセント。香川県の名産を使った新しいばらずしです。

たいとオリーブのばらずし

撮影: 塩崎 聰

エネルギー /330 kcal

*1人分

塩分 /1.20 g

*1人分

調理時間 /40分 ( 5工程 )

*米を炊く時間、すし飯の粗熱を取る時間は除く。

材料

(4~5人分)

・米 360ml(2合)
【A】
・昆布 (5cm四方) 1枚
・酒 大さじ2
・たい (刺身用) 150g
・オリーブ (緑/種あり) 10コ
・かぼちゃ 30g
・水菜 50g
・青じそ 5枚
・みょうが 1コ
・しょうが 5g
・金時豆 (甘煮/市販) 50g
・昆布 (7cm四方) 1枚
【B】
・酢 大さじ4
・砂糖 大さじ3
・塩 小さじ1/2
・ちりめんじゃこ 10g
・白ごま 小さじ1
・塩
・酒 大さじ2
・酢

下ごしらえ・準備

なし

つくり方

1

米は洗ってざるに上げ、炊飯器の内釜に入れて分量の水を加える。カップ1/2の水を取り除き、【A】を加えて普通に炊く。

2

たいは塩小さじ1/2をふり、15分間おく。

3

オリーブは水に5~10分間つけて塩けを抜く。かぼちゃは皮をむいてせん切りにし、塩少々を入れた水に5分間つける。水菜は2㎝長さに切って冷蔵庫で冷やす。青じそ、みょうが、しょうがはせん切りにし、それぞれ水にさらして水けを絞る。金時豆は水で洗う。

4

2のたいに酒をふりかけ、水けを拭く。バットに酢大さじ3を入れて昆布を浸し、たいを並べる。5分間たったら返し、さらに5分間おいて酢じめにする。

! ポイント

昆布を浸した酢で即席の酢じめに。しめる時間が短く、酸味はまろやか。

5

鍋に【B】を合わせて火にかけ、砂糖を溶かす。1を昆布を除いて盤台に移し、【B】を回し入れる。切るように混ぜたら酢小さじ1をふり入れ全体を混ぜる。粗熱が取れたら3を加えて混ぜ合わせ、4のたいをのせる。仕上げに白ごまをふる。

全体備考

●オリーブ●
110年前に日本で初めてオリーブの栽培に成功した香川県。なかでも、小豆島(しょうどしま)が有名。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 春キャベツ 栗原はるみ 松本有美

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。
PR

旬のキーワードランキング

他にお探しのレシピはありませんか?

こちらもおすすめ!

NHK「きょうの料理」
放送&テキストのご紹介