きょうの料理レシピ 2018/06/04(月)

大原千鶴の おいしいの素(もと)テスト らっきょうのみそ漬け

らっきょうをみそに漬けた“おいしいの素”。こっくりとしたみそ漬けを、ぜひ料理にも展開しましょう。

テスト らっきょうのみそ漬け

撮影: 内藤 貞保

材料

・らっきょう
・みそ
・砂糖
・みりん

下ごしらえ・準備

1 らっきょうは1つずつにばらし、きれいに洗って泥を落とす。ひげ根をできるだけ浅く切り落とす。

2 芽のほうも軽く切り落とし、そこから薄皮をむく。

3 らっきょうをボウルに入れ、塩をまぶす。1時間ほどおくと水けが出てくる。

4 持ち手付きのざるにらっきょうをあけ、たっぷりの熱湯にざるごと入れる。10秒間ほどで引き上げる。盆ざるなどに広げてよく乾かす。

つくり方

1

ボウルに【A】を混ぜ合わせ、らっきょうも入れて合わせる。保存瓶に移す。

全体備考

【食べ頃】
1週間後から。
【保存】
冷蔵庫で1年間。

【らっきょうの下処理】
薄皮をむいて塩をまぶし、湯通ししてから好みの味に漬けます。
●材料(つくりやすい分量)
らっきょう…1㎏
粗塩…20g
●つくり方
1らっきょうは1つずつにばらし、きれいに洗って泥を落とす。ひげ根をできるだけ浅く切り落とす。
2芽のほうも軽く切り落とし、そこから薄皮をむく。
3らっきょうをボウルに入れ、塩をまぶす。1時間ほどおくと水けが出てくる。
4持ち手付きのざるにらっきょうをあけ、たっぷりの熱湯にざるごと入れる。10秒間ほどで引き上げる。盆ざるなどに広げてよく乾かす。

このレシピをつくった人

大原 千鶴さん

京都・花背の名料亭で生まれ育ち、幼いころより料理の心得を学ぶ。現在は3人の子どもを育てながら、雑誌等でつくりやすい家庭料理を提案している。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 春キャベツ じゃがいも 栗原はるみ

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。
PR

旬のキーワードランキング

他にお探しのレシピはありませんか?

こちらもおすすめ!

NHK「きょうの料理」
放送&テキストのご紹介