きょうの料理レシピ 2018/06/13(水)

鶏肉徹底活用!test 手羽元とさやいんげんの梅干し煮

手羽先をカリッと揚げて甘辛いたれと白ごまをからめる、名古屋で人気のおつまみです。家庭でも気軽に楽しめるつくりやすいレシピ。

test 手羽元とさやいんげんの梅干し煮

撮影: 竹内 章雄

エネルギー /330 kcal

*1人分

塩分 /1.8 g

*1人分

調理時間 /20分 ( 5工程 )

材料

(2人分)

・鶏手羽元 8本
・さやいんげん 8本
・水 カップ1/2
・酒 大さじ2
・しょうゆ 大さじ1
・砂糖 大さじ1/2
・サラダ油

下ごしらえ・準備

なし

つくり方

1

手羽先は紙タオルで水けを拭き(全体備考参照)、先端を切り離す。残った肉は内側の骨に沿って1本切り目を入れて、塩・こしょうをまぶし、小麦粉をつけて余分な粉をはたく。

! ポイント

手羽先の先端は、関節の部分を指でさぐり、少しくぼんだところに包丁の刃を入れて切り離す。 切り目を入れておくと火の通りがよく、肉が骨から取れやすくなる。

2

フライパンにサラダ油を5mmほどの深さまで入れ、中火にかける。菜箸の先をつけ、細かい泡が出てきたら、1の皮側を下にして並べ入れる。3~4分間揚げ焼きにして、皮に焼き色がついたら裏返す。

3

反対側も同様に揚げ焼きにし、両面がこんがりとして油がピチピチとはねる音がするようになったら、取り出して油をきる。

4

フライパンの油をあけて紙タオルで拭き、【甘辛だれ】の材料を入れてサッと混ぜる。強めの中火にかけ、煮立ったら3を戻し入れてからめる。

! ポイント

たれが全体に泡立つまで煮立ったところに焼いた手羽先を加え、手早く全体にからめる。

5

火を止めて白ごま、七みとうがらしをふり、全体にからめる。

全体備考

◎鶏手羽肉の下処理◎
鶏手羽肉は表面に水けが残っていると、独特のくせが感じられる。また、焼いても揚げてもカリッとせず、身離れが悪くなる原因にもなるので注意して。
鶏手羽元や鶏手羽先は、紙タオルで水けをしっかりと拭き取る。血合いなどが気になる場合は、水でサッと洗ってから拭くとよい。

◆このレシピをつかったおすすめの料理はこちら◆
名古屋チキン

このレシピをつくった人

藤野 嘉子さん

3人の子育て経験に基づいた、家庭でつくりやすく、素材の持ち味を生かした家庭料理を数多く紹介している。

つくったコメント

つくったコメントを投稿する

もう一品検索してみませんか?

おすすめキーワード 春キャベツ ブロッコリー じゃがいも

旬のおすすめ

食欲の秋。野菜や魚介類、お芋や木の実などなど、旬の食材も豊富で、日本に生まれてよかったと感じる季節ですね。この時期にしか味わえない素材を存分に使って、食卓を楽しみたいですね♪彩りも鮮やかな、こんなレシピはいかがですか?

栗おこわ
栗(くり)をたっぷり使って、満足感のある中国風のおこわに。豚肉は細かく切ることで少量でもコクが出ます。
かぼちゃの中国風ニョッキ
長芋に加え、かぼちゃも、かぜに対する備えになるのだそう。鶏肉や野菜と一緒に混ぜながら召し上がれ。
柿の白あえサラダ
柿の白あえに、柿の種あられをパラパラ。甘さと塩けと食感が絶妙。
さんまの甘酢焼き
皮をパリッと焼いたさんまに、甘酢をからめていただきます。ご飯にも酒のおつまみにもぴったり。
豚バラととうがんの煮物
豚肉のコクとうまみをあっさり味のとうがんで柔らかく煮て、しっかりしみ込ませます。
さつまいもの和風グラタン
濃厚なさつまいもの甘みを楽しむグラタンです。みそを加えて和風の仕上がりに。
揚げあじの香味とろろ酢
滋養強壮によいといわれる長芋のとろろ。青じそやみょうがの香味を加えて、揚げ焼きにした魚のソースにします。さっぱりと食べやすいよう、三杯酢で調味。魚はあじのほか、さばやいわしなどもおすすめ。
さけのチーズ幽庵焼き
和食の定番魚料理にチーズをプラスして。しょうゆベースの幽庵地とは好相性。好みで粉ざんしょうをふってもおいしい。
PR

旬のキーワードランキング

他にお探しのレシピはありませんか?

こちらもおすすめ!

NHK「きょうの料理」
放送&テキストのご紹介